250ccのバイクは中型自動二輪免許で乗れるバイクながら車検がないということで、経済的に手軽に乗れるバイクとして知られているので、初めてバイクに乗ろうと思っている方や、学生の方などに人気の排気量です。

また、重量もバイクの中では軽い方なので女性にも人気が高く、この記事を書いている時点ではホンダのレブル250が爆発的に売れているなど、250ccがアツい!という状況になってます。

一方で、最初のバイクとして買う方も多いということで、これから買おうとしている人は何が何だかわからない状態でバイクを探してるかと思いますが、今回は一番気になる「お金」の話ということで、250ccのバイクの維持費について紹介していきます。

結論からいうと、250ccの年間維持費は約10万円前後になると思っていただければ良いでしょう。

そして、約10万円という年間維持費の中でも「絶対に必要な費用」とそうでない費用がありますので、それらの内訳を詳しく解説していきます。

注意点として最初にお伝えしておくと、維持費といっても明確に金額が決まっている訳ではなく、人によって金額が変わってきます。ただ、初心者ライダーにとっては一つの基準があった方が自分自身がバイクを所有するときのシミュレーションをしやすいと思いますので、僕のバイクライフを参考に250ccの維持費についてお伝えしていきます。

参考データ

年齢/性別 25歳男性
車種 Ninja250R
年間走行距離 約10,000km

250ccのバイクに必要な「税金」は2種類

まずは絶対に払わなければならない「税金」絡みの費用を見ていきましょう。250ccのバイクに必要な税金は

  • 軽自動車税
  • 自動車重量税

の2種類です。

軽自動車税

バイクは軽自動車と同じ分類になり、毎年課税される税金です。排気量別で課税料金が異なりますが、250ccのバイクは軽二輪車に分類され納税額は3,600円になります。

250cc以外の排気量も検討されると思うので、参考までに軽自動車税の金額をまとめました。

排気量 納税額
原動機付自転車 50cc〜90cc 2,000円
原動機付自転車 91cc〜125cc 2,400円
軽二輪車 126cc〜250cc 3,600円
二輪の小型自動車 251cc〜 6,000円

仮に400ccのバイクと比較すると、年間で2,400円の差があります。

自動車重量税

250ccのバイクの場合、自動車重量税は新車購入時に1回だけ支払えば良い税金です。中古車の場合は支払いは必要ありません。250ccの自動車重量税は4,900円です。

つまり、

  • 新車の250ccの場合:購入時に4,900円支払う
  • 中古車の250ccの場合:支払いなし

ということになります。

こちらも参考までに排気量別の自動車重量税の金額をまとめました。

排気量 納税額
原動機付自転車 50cc〜125cc 0円
軽二輪車
(新車購入時のみ)
126cc〜250cc 4,900円
二輪の小型自動車
(1年ごとの金額)
251cc〜 1,900円(登録から12年)

2,200円(登録から13年〜17年)

2,500円(登録から18年以上)

注意点として、251cc以上のバイクの場合は毎年課税されます。また、納税は車検時にまとめて支払うことになります。車検が絡んでくるこの辺りが、維持費として大きく差が出るポイントですね。

250ccのバイクに必要な「保険」

実際にバイクに乗るためには保険料も払う必要がありますが、保険料は「自賠責保険(強制加入)」と「任意保険」の2種類があります。

自賠責保険(強制加入)

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)はバイクに乗るなら必ず加入しなければならない保険です。加入していない場合は法律により罰せられます。

自賠法(自動車損害賠償保障法)第5条で、自賠責共済(保険)に加入していなければ運転してはならないと定められています。この法律に違反すると自賠法第86条の3により1年以下の懲役または50万円以下の罰金を課せられます。

道路交通法第103条および第108条の33により、自賠責共済(保険)に加入せずに運転した場合には、違反点数6点になり、直ちに免許停止処分になります。

自賠責Q&A - 神奈川県自動車交通共済協同組合

自賠責保険の保険料

250ccの場合、自賠責保険は以下のようになっています。

契約期間 保険料 1年あたりの保険料
12ヶ月(1年) 8,650円 8,650円
24ヶ月(2年) 12,220円 6,110円
36ヶ月(3年) 15,720円 5,240円
48ヶ月(4年) 19,140円 4,785円
60ヶ月(5年) 22,510円 4,502円

この表のように、1年から5年の契約期間を選ぶことができ、契約期間によって1年あたりの金額が変わってきます。長く乗るつもりであれば5年契約をした方が保険料は安くなりますが、1回に払う金額が高くなってしまうので、お財布と相談して期間を決めてください。

僕個人の意見として、学生や若い方が頑張って貯めたお金で買ったバイクをすぐに手放すことは少ないと思うので、初めから長い期間で契約した方がお得かなと思います。

また、自賠責保険の最初の加入手続きはバイクを購入したお店が手続きをしてくれます。その後、同じバイク屋さんに連絡して更新をすることもできますし、コンビニでも自賠責保険の更新をすることができます。

任意保険

任意保険は「任意」というだけあって加入するかどうかは本人に任せられますが、基本的には加入するようにしましょう。絶対ではないですが、車やバイクを運転するのであれば常識的に加入するのが当たり前の保険です。

バイクの免許を取った時には安全運転に気をつけて無茶な運転はしないと思っていても、いざ乗り始めるとだんだん危険な運転になってしまいがちです。事故しないように気をつけていてもその気持ちが続くことはまずありません。

万が一、少し気を抜いた瞬間に事故を起こしてしまった時に、保険に入っていれば条件の分だけ補償してもらえますが、保険に入っていなければ全てのお金を自分で払わなければなりません。

相手の車にぶつけて物損事故になった場合、車の修理費や治療費などを支払うことになります。仮に高級車にぶつけてしまった場合、修理費だけで何百万円と請求が来ることもざらではありません。

さらに、もし相手を死亡させてしまった場合、損害賠償は億単位で発生することもあります。もっとも、死亡事故を起こしてしまったとしたら、お金を払えば済む話ではありませんが、保険にも入っていないのはライダーとしてあまりにも無責任です。

任意保険はどのプランにすれば良いか?

任意保険の重要さはわかっていただけたと思いますが、実際に加入するといっても、どの保険に加入すれば良いか全く見当がつかないでしょう。僕自身もどうすれば良いかわからず、バイク屋さんに言われた通りの保険に加入しました。

ちなみに僕が加入したプランは、

  • 21歳以上補償
  • 対人・対物賠償無制限

で、弁護士特約をつけて円でした。

おそらく、任意保険で「最低限はこの保険内容にしよう」という感じの内容です。ただし、上記の場合では自分自身の怪我や障害への補償は出ないので、自分に対しても補償されるような内容にすると保険料は結構高くなります。

また、基本的に1年契約なので、時期がきたら継続か見直しの判断をします。

同じ補償内容でも免許の色や補償内容によっても数万円単位で金額が変わってくるので、綿密にシミュレーションして、よく検討してから加入するようにしましょう。

ちなみに、僕の場合はバイク屋さんが提携している保険会社で契約をしましたが、あとで同じ保険内容で別の会社で見積もりを取ったら、円も安くなっていました。

このように、保険内容だけでなく保険会社によっても金額が大きく異なるので、バイクの維持費をできるだけ安くしたい方は、手間を惜しまず複数社見積もりを取ってから加入することをおすすめします。

バイクに乗るために必要な維持費(費用)

ここからは、250ccに限らずバイクに乗って遊ぶために必要な維持費について解説していきます。維持費というよりもバイクを動かして遊びに行くために必要な費用という感じですね。

  • ガソリン
  • 高速代
  • オイル交換
  • 駐車場代

など、必要になってきます。

ガソリン代

ガソリン代は走行距離によって大きく変わりますが、当然、たくさん走れば多くのガソリンが必要になります。

僕が乗っているNinja250Rは、ガソリン1リットルで約25kmくらい走ります。メーカーが公表している数値は ですが、実際に走るとカタログスペック通りには行かないようです。

また、ガソリンはハイオクを入れています。

ガソリン代シミュレーション

1リットル25km走るバイクで、1年間で10,000km走ったとすると

10,000km ÷ 25km/ℓ = 400ℓ

仮にガソリン1リットルが160円だとすると、

400ℓ × 160円 = 64,000円

ということで、ガソリン代は年間「64,000円」になります。こうやって計算すると高いですね。

ちなみに僕は、バイクを買った最初の1年間で約10,000km走りました。普段から通勤で使っていたのと、週末は日帰りツーリングで300kmくらい走っていたので、割と余裕で10,000km走りました。

もしあなたが学生で、時間に余裕があるのであれば、全国色々なところに走りに行きたくなると思いますので、ガソリン代は結構かかると見ておいた方が良いでしょう。

高速代

ガソリン代に合わせて、ツーリングで色々なところに行きたいとなれば高速代もかかることを想定しておきましょう。

高速道路は、

  • 夜間
  • 週末
  • 夏休みの期間

などで割引料金が適用される期間がありますので、割引期間に合わせてツーリングに行くのも良いですね。

250ccで高速を走るのは大変か?

250ccだと高速を走るのは大変だという方もいますが、正直全くそんなことはありません。250ccでも高速走路に乗ってどこまでも旅にいけるので安心してください。

ただし、高速に乗れば乗るほど費用がかかります。時間に余裕がある方は、ずっと下道で走って行くのも全然アリですよ!いずれにしても、高速、下道、どちらも経験して自分はどちらが向いているか試してみてくださいね!

オイル交換

オイル交換の時期は色々と言われがありますが、

  • 半年毎、あるいは、3,000~5,000km毎で交換

と言われています。1回のオイル交換でオイル代が約3,000円かかるので、年間で2回交換するとなれば約6,000円かかります。

また、オイルのフィルターは、

  • オイル交換の2回に1回程度

で交換した方が良いと言われています。フィルターが1個約1,000円程度です。

ちなみに、ナップスや2りんかんなどのお店でオイル交換をしてもらうと、上記に加えて工賃がかかります。

駐車場代

バイクの直接的な維持費ではないですが、場合によってはバイクを所有するために必要なお金として結構痛い出費になるのが駐車場代です。

これは住む場所によって金額は大きく異なるので本当に参考程度になりますが、僕の住んでいるアパートの場合は、月8,000円かかります。年間で計算すると96,000円かかっていることを考えると、結構ゾッとします。泣

バイクに乗るために必要なアイテムと費用

まだまだ費用がかかります!一般的に維持費と言われる範囲ではありませんが、初めてバイクに乗る場合は諸々のアイテムを揃える必要があります。

  • ヘルメット
  • ジャケット
  • グローブ
  • ブーツ

必要な費用として参考にしてください。

ヘルメット

ヘルメットは必須アイテムですが物によって値段はピンキリで、2万円台から5万円台ぐらいの範囲で売られています。高ければ高いほど高品質と言ってしまってよいと思いますが、安いからといって品質が悪いわけではなく、型落ちの商品などが安く売られることも多いです。

とはいえ、最初は何を選べばよいかわからないと思いますが、ここでは値段感だけ抑えていただければと思います。

ヘルメットの選び方については「」こちらで解説しているので参考にどうぞ。

ジャケット

バイク用のジャケットは安くても1万円台後半の価格帯で、高ければ10万円を超えるジャケットもたくさんあります。また、ジャケとは1つだけではなく一般的には夏用と冬用の2つを所有する人が多いです。というよりも、冬用のジャケットで夏のツーリングは暑すぎてできませんし、夏用のジャケットで冬のツーリングは寒すぎてできません。

ということで、必然的に季節に適したジャケットを着て走ることになるので、その分費用もかかってしまいます。

ちなみに、僕が最初に買ったジャケットはバイク用品店で型落ちで安く売っていたタイチの冬用ジャケットですが、2万円くらいでした。また、夏用ジャケットは合皮の物を買いましたが、それも2万円くらいでした。

グローブ

グローブは5,000円〜10,000円くらいの価格帯で購入することができます。グローブはバイクの操作に直接影響するアイテムなので使いやすい物を選ぶようにしましょう。グローブがゴワゴワしすぎて握るのが硬いという物もありますので試着をしてから購入するのが無難ですね。

グローブの選び方については「」こちらで解説しているので参考にどうぞ。

ブーツ

ブーツもピンキリで、安ければ7,000円台くらいで購入することもできますが、しっかりとした革ブーツやレーシングブーツは数万円するものもあります。ハイカットを選ぶなど、最低限のポイントだけ抑えておけば安いブーツでも問題ありません。

ブーツの選び方については「」こちらで解説しているので参考にどうぞ。

あったら便利なバイク用品の費用

さらにさらに、ここからは必須ではないですが、あったら便利なアイテムやツーリングが楽しくなるアイテムを紹介します!

ETC

ETCを取り付けるための料金は

  • 機械の料金
  • 取り付け工賃

がかかります。バイクを買ったお店や用品店などで取り付けることができますが、キャンペーンなどで安くて2万円〜くらいが相場です。通常は3万円くらいかかることもあります。

ETCはつけたほうがいい?

結論から言うと、たくさんツーリングに行きたいと思っている方は付けたほうがいいです。数万円の取り付け工賃がかかりますが、その代わり、高速料金がETC割引の適用になるので、2万円分はすぐに元が取れます。

例えば、東京から千葉にかけて通っているアクアラインを走る場合、通常だと2,400円くらいかかるところ、ETCで通るとなんと600円くらいで済みます。

首都圏から千葉にツーリングで行った場合、往復で3,600円も差が出るくらいETC割引があるので、費用のことを考えても取り付けたほうが良いと思います。

また、バイクは車と違って料金所でお金を支払うのがとても手間になるので、ETCを取り付けて良かったと思ってます。

ツーリングバッグ

ツーリングバックはいくつかのサイズがありますが、当然、サイズによって金額が変わってきます。自分がどのようなバイクライフを送るかによってバッグのサイズも変わってくるので、ある程度自分のバイクライフが想定できるまでは買わなくても良いでしょう。

参考に、僕も使っていて、ツーリングバックで有名なモトフィズの商品で金額を載せておきます。

 

アクションカム

 

インカム

 

250ccの維持費をまとめると…

最後に、これまで紹介した250ccの維持費をまとめるとこのような金額になります!

税金関係

 

保険関係

 

走るための維持費

 

ここまでが年間でかかってくる維持費として合計すると、

 

 

さらに、

アイテム系の費用

 

あったら便利なアイテムの費用

という感じで、250ccはバイクの中では手軽に乗れるとはいえ、結構大きな金額が必要になります。ですが、頑張って働いてやっとの想いで買ったバイクで走りに行くのはとてもとても楽しいしたくさんの思い出と経験が手に入ります!

動画でもお伝えしていますが、バイクに乗りたいと思ってこの記事を読んでいただいているのであれば、ぜひ頑張ってお金を貯めてバイクを手に入れてください!決して楽しい経験だけではなく、辛い経験もあると思いますが、それも含めてより充実した人生になることは間違いありません。

僕自身も最初に購入したバイクが250ccでしたし、250ccのバイクはバイクの中でも比較的手軽に楽しめて、バイクとしてもかなり本格的に走れるので、これからバイクライフを始める方にはおすすめですよ!

この記事を読んでもわからないことや、質問などありましたら、お気軽にコメントをいただければ嬉しいです!

おすすめの記事