一本橋は二輪免許を取得するうえで避けては通れない検定課題ですが、苦手意識を持っている方が多いようです。乗る前から『落ちたらどうしよう』という気持ちから不安になってしまう方も多いようですが、お任せください!大丈夫です!一本橋のコツを伝授いたします!!

できるようになる!
駆け出しライダーのための“バイク洗車ワークショップ”

自分のバイクの汚れが気になっていざ洗車をしようと思っても、

「そもそも水を使って洗車をしてもいいのか?」
「触ってはいけない場所はあるのか?」

バイクに乗り始めの頃はわからないことだらけです。かと言って、身近にバイクのことを教えてくれる先輩のような存在もいないという方も多いのではないでしょうか。

そんな、駆け出しのライダーが必ず通るお悩みを解決できないかと用意したワークショップが「はじめての洗車」です。

「はじめての洗車」は、『最低限やった方が良い日常洗車』のやり方をお伝えして、覚えていただくというプログラムです。私たちが一緒に手を動かしながらご自身でご自身のバイクを洗車していただくので、その日のうちにやり方を覚えることができます!

「はじめての洗車」詳細をみる▶︎


1. 検定課題『一本橋』とは?

①目的

道路で渋滞にはまったり、狭い道を安全に通過する、飛び出しなど危険が予測される場所をゆっくり安全を確認しながら低速で走行するために必要な課題なのです。

一本橋をふらつき・エンスト・脱輪・転倒せずにバランスをとりながら、ゆっくり安全に渡り切ることが出来ればオッケーです。

正式には『直線狭路コース』という課題です。

②長さ、幅、高さ

全国共通で長さ15メートル、幅30センチ、高さ5センチと決まっています。高さは教習所によって多少の誤差があるような気もします。

最近では入口と出口にセンサーがあってライダーが自分のタイムを確認出来る教習所も多いかと思います。

③バイク免許により異なる一本橋基準タイム

通過目標タイム

  • 小型二輪:5秒以上
  • 普通二輪:7秒以上
  • 大型二輪:10秒以上

2. バイク教習の一本橋ができない・怖い原因

  1. 手前で一時停止する際、斜めに停めている。
  2. 乗る前からゆっくり走り過ぎて一本橋に上がる際にバランスを崩して脱輪してしまう。
  3. 目線が定まらないため正確な情報取りが出来ない、バランスを崩してしまっている。
  4. 上半身がガチガチに力んでしまっている。
  5. 膝が開いてしまっている。
  6. 脱輪、エンストからの転倒がトラウマになってしまった。
  7. 半クラ、リア・ブレーキが使えない、荒い。
  8. 降りる手前で粘り過ぎて脱輪する。

3. バイク教習で一本橋をクリアする5つのコツ

①一時停止

停まる位置

一本橋の手前3メートルの所に停止線があるので必ずその手前で右足はブレーキペダル、左足着地で一時停止します。ふらつかないように!

まっすぐ停める

停止場所にバイクを停める際に一本橋に向けて真っ直ぐ停止します。これ以外と重要なのにテキトーに停めてしまい、斜めに一本橋に乗ってバランスを崩して脱輪してしまう方が多いのです。高さわずか5センチとはいえ傾斜を登るので、一番バランスを崩し易い場面なのです。

②安全確認・目視

安全確認・目視

再スタート前に必ず左右と後方の安全確認・目視を忘れずに行います。

③発進から一本橋に乗るまで

ギア

発進するときは、ロー・ギアで優しく半クラを使って静かにスタートします。

エンジン回転数

エンストしないようにエンジン回転数は概ね2000〜3000rpmの間に保ち、あまり空吹かししないように注意してください。

上体の力を抜く

上体の余計な力を抜きましょう。肩や腕に力が入ってしまうとハンドル操作でライン(走る位置、場所)の修正が効きません。

一気に乗る

段差に乗る際にバランスを崩し易いので前後輪が一本橋に乗るまではササッと乗ってください。ここで無理すると脱輪してしまいます。

タイム計測

タイム計測は一本橋の入口にあるセンサーに前輪が乗ってから出口のセンサーに前輪が乗るまでです。一本橋にはスッと乗ってから中間地点で半クラとリアブレーキ上手く使ってタイムを稼ぎましょう。

④目線

先を見る

目線は初心者の方は一本橋のゴール地点あたりを見ると安定しやすいと言われています。

※因みに上級者は長時間乗るために左右にハンドルを切って脱輪ギリギリのコース取りで距離を稼いだりするので、視線は前輪のすぐ前あたりを見ています。

⑤一本橋に乗ってからの注意点

上体は真っ直ぐに

上体の力は抜きますがバイクの中心線からズレないよう体幹が真っ直ぐの状態を保ちます。

ニーグリップ

上体の力を抜く分しっかり二ーグリップして車体を安定させます。膝を締めてください!

ステップ荷重で安定させる

おしりとシートの間に隙間を開ける、イメージ的には「シートに敷かれた紙一枚を潰さない」ようにするとステップに荷重がかかり、とても安定します。

半クラ状態を保つ

クラッチを完全に切るとバランスを崩すので常に半クラ状態にして後輪に駆動力を伝えます。

リア・ブレーキが肝

優しくリアをかけ、そのままブレーキを引きずった状態で半クラで後輪に駆動力を伝え続けると車体が安定します。 フロントブレーキは使いませんので、ブレーキレバーには手を掛けず右手はアクセル操作に集中しましょう。

ライン修正はハンドルで

脱輪しそうになった場合、ハンドルを小刻みに切ってコースを修正してタイムを伸ばします。このとき腕・上体に力が入っていると金縛り状態になって自由が効かず脱輪してしまいます。

脱輪しそうになったら

ハンドル修正とエンジン回転数を上げるとバイクが起き上がり再び安定します。焦らないで!

降りるとき

減点されないよう規定タイムで渡るのが一番ですが「脱輪するよりは早めに渡り切った方が減点だけで済む」くらいの気持ちで検定に臨んだ方が緊張せずに良い結果が出ます。

一本橋を降りる時もあまり粘らずサッと降りて脱輪・エンストしないように心がけましょう。

4. 一本橋の検定中止と減点ポイント

  • 一本橋から脱輪すると検定中止になります。
  • 転倒も検定中止です。
  • 一本橋通過中の足つきは検定中止
  • 規定タイム(小型二輪5秒・普通二輪7秒・大型二輪10秒)以上の時間に満たなかった場合は減点となります。
  • 走行中にステップから足を離したり、ふらついたときは減点となります。

※  ここでもしつこく念を押しますが脱輪・転倒は即検定中止になります。渡り切れば減点だけで済みます。無理せず渡り切りましょう!!

5. 自転車を使った一本橋の練習は効果的?

教習所で教習バイクに乗っての練習だけでは不安、もっと上手くなりたいという人にとって自転車で一本橋や低速バランスの練習をすることは、とても有効な練習手段です。なぜならば、

  1. バイクはエンジンが回っていると安定しますが自転車はそれがありません。なので低速で走ることが難しいく、バランス感覚を養うのに非常に効果的なのです。
  2. ハンドルを動かしてのバランス取り、ライン修正、目線が自然と身につきます。
  3. 軽量で足つき性も良いので、バランスを崩しても、すぐに足を着けることが出来て安全に練習が出来ます。
  4. 体幹、手足など全身の筋力アップが可能。

などがその理由です!世界で活躍するレーサーのほとんどのは、子どもの頃に自転車競技経験者です。トライアルの黒山健一選手は幼少期に4回も世界チャンピオンになり、バイクトライアルに転向してからは、なんと11回も日本チャンピオンになっていることから、自転車が上手い人イコール=バイクも上手くなることは間違いありません。

人によっては自転車は常にペダルを漕いでいるので足が固定されず、バイクはステップの上に足を乗せているので乗り方・感覚が違うのであまり役に立たないという意見の方もおられるようです。

しかしスポーツ選手にしても、いつも同じ競技だけやっている人は少なく、筋トレや他のスポーツをやることによって、専門分野にフィードバックさせることは当たり前のことですよね。

※人通りのない安全な場所で白線、縁石など使って練習してみましょう。練習する際はヘルメットと肘・膝プロテクターを装着することをおすすめします。

6. 苦手な一本橋を克服してバイク免許を取得しよう!

いろいろと書いてきましたが、僕も一本橋は未だに苦手意識があります。教習所の教官大会に出場している先生の中には、何分間も一本橋に乗る達人もいるのですから驚きですよね。

しかし大型自動二輪免許検定でも15メートルある一本橋に10秒乗っていられれば減点なしですし、脱輪さえしなければ減点で済み、検定続行されるのですから、あまり緊張しないで焦らず練習してください。やった分だけ間違いなく上手くなりますから大丈夫!

自分で秒数を数えながら練習するとき、検定を受けるときにどうしても早く数えがちになるので「イチ・二・サン」ではなく、僕は

「イチマルイチ・イチマルニ・イチマルサン」と呟きながら一本橋や遅乗り台の訓練をしていました。

【白バイ秘話】MOTO COP YUTAの白バイ一本橋回顧録

一般の方が参加して開催される二輪車安全運転競技大会というイベントがあります。

法規走行と課題走行で優劣を競う大会です。

僕は競技前の模範走行を担当したのですが白バイでの急制動、パイロンスラローム、一本橋、コーナリング、千鳥バランスなどはミスなくやり遂げることが出来ました。

その後ホンダTL125に乗り換えて幅が10〜15センチ四方くらいの角材で、その角材と角材の繋ぎ目に幅は同じ長さ30センチの角材が縦置きしてある障害物付き一本橋を使って、模範走行をやりました。細い一本橋を走りながら高さ15センチほどの障害物を何箇所も乗り越える難関コースを沢山のライダーやお偉いさんの前で披露するので心臓バクバクだったことを覚えています。

なぜそんなに緊張したかって?だって本番前の練習で一度しか成功出来なかったからですよ!

もうやるしかないと覚悟を決めて深呼吸してから身体中の力を抜いてフニャフニャと走り、なんとか奇跡的に完走出来ました。

ちなみに全選手の中で完走(減点なし)だったのは1名のみでトライアルの選手でした。

トライアル車を使っての一本橋障害物コースはこの大会のみで、その後はいまだに復活していません。笑

できるようになる!
駆け出しライダーのための“バイク洗車ワークショップ”

自分のバイクの汚れが気になっていざ洗車をしようと思っても、

「そもそも水を使って洗車をしてもいいのか?」
「触ってはいけない場所はあるのか?」

バイクに乗り始めの頃はわからないことだらけです。かと言って、身近にバイクのことを教えてくれる先輩のような存在もいないという方も多いのではないでしょうか。

そんな、駆け出しのライダーが必ず通るお悩みを解決できないかと用意したワークショップが「はじめての洗車」です。

「はじめての洗車」は、『最低限やった方が良い日常洗車』のやり方をお伝えして、覚えていただくというプログラムです。私たちが一緒に手を動かしながらご自身でご自身のバイクを洗車していただくので、その日のうちにやり方を覚えることができます!

「はじめての洗車」詳細をみる▶︎


おすすめの記事