坂道発進に苦手意識を持っているライダーも多いのではないでしょうか?平らな道とは違い傾斜になっているので後ろに下がってしまう恐怖感がつきまといます。

ですが坂道発進も基本を抑えてコツを掴めば簡単にできるようになります。というのも、坂道発進はいわば「半クラッチの応用編」で、坂道発進特有に覚える操作はありません。

基本的な半クラッチの使い方とコツは「」こちらのページで解説していますが、その中でも坂道発進ではアクセルとリアブレーキの使い方が応用的になると思ってください。

坂道である分、平らな道より進む(登る)のにパワーが必要のためアクセルの使い方が重要、そして、後ろに下がらないようにリアブレーキの使い方が重要、というイメージです。

ここでは、坂道発進のコツを つお伝えします。半クラッチのコツの復習になっているところもあると思いますが、もう一度基本を見直して坂道発進に生かしてください!

\ ツーリング検定始動 /

自然と走りたくなり、ライダーでいることの喜びを感じられる、バイク好きのための検定がついにスタート!

ツーリング検定3級を受ける>>

バイクの坂道発進が苦手な原因はこれ!

坂道発進が上手くできず苦手意識を持ってしまう原因はいくつかありますので、それぞれの状況別に原因を探っていきます。アクセル、クラッチ、リアブレーキを同時に操作するので頭で考えるとパニックになってしまうかもしれませんが、自分が坂道発進が苦手な原因はどこにあるか、いろんな角度から分析してみてくださいね。

①エンストしてしまう

坂道でエンストしてしまうとバランスを崩しやすく立ちゴケをしてしまうリスクも高くなります。教習所で坂道で立ちゴケの経験がある方は、公道でも苦手意識を持ってしまうかもしれません。坂道でエンストしてしまう原因は

  1. アクセルの開きが足りない
  2. クラッチ操作が荒い
  3. リアブレーキを離すタイミングが悪い

この3つが挙げられます。平らな道よりも進むためのパワーが必要ですので、アクセルは思ったより開けるぐらいがちょうど良いかもしれません。回転数が高くなってもリアブレーキをしっかり使えれば急発進することはないので安心してください。

 

②ガックンガックンしてしまう

坂道発進でガックンガックンしてしまう原因は

  1. アクセル操作が荒い
  2. クラッチ操作が荒い

この2つが考えられます。半クラッチ同様、バイクの操作が荒くなってしまっていることが原因ですね。普段よりアクセルを開けている分、半クラッチの使い方が重要になります。

 

③走り出しでフラつく

坂道発進でフラつく原因は

  1. アクセルの開きが足りない(パワーが不足)

が考えられます。バイクは低速になるほど安定感がなくなる上に、坂道でバランスが取りにくくなっているので、よりアクセルの開きが重要になるんですね。ちなみに、バイクが重くなるほど、そして乗っている人間が重くなるほどパワーが必要になります。

 

④坂道発進に苦手意識を持っている

教習所で練習をしているとはいっても、実際に公道で坂道発進をするときには後続車がいることもあり、どうしてもゆっくりと操作ができなくなってしまいがちです。焦ってエンストや立ちゴケをするよりも、失敗をしないようにゆっくりと操作をした方が安全なのですが、どうしても焦ってしまいがちです。

今では何の不安もなく坂道発進ができるようになりましたが、僕も免許取り立てのころは坂道発進がとても苦手で、坂道の信号で止まるのが本当に嫌でした。そのときの感情を思い出すと、やはり焦りと不安がありましたね。

どんなことに苦手意識を持ってしまうのか、代表的な原因と対処法をお伝えします。

立ちゴケしてしまった

立ちゴケをしてしまう原因もさまざまですが、立ちゴケを経験するとその不安から苦手意識を持ってしまいがちです。立ちゴケしないことに越したことはないですが、立ちゴケしたことで気付くこともあります。諦めずにまずは平らな場所で半クラッチの練習から頑張ってください!

怖いが先行してしまう

低速走行の不安定の状況はどうしても怖さが先行してしまいます。とくに坂道は思いのほか登らないと思うと怖くなってアクセルを戻してしまいがちです。これも慣れてくれば怖さはなくなりますが、まずは自分のバイクがどのように動くのかをしっかりと把握することが重要です。交通量の少ない道を何度も走って練習してみてください。

練習不足で自信がない

教習所では免許をとるために練習をしますが、正直、その練習だけでは十分ではありません。中には不安があるかなでも合格してしまった、という方も多いはず。思い切ってバイクの練習ができる場所はなかなかありませんが、それでもできることは、交通量が少ない道を何度も走ることです。

HONDAやYAMAHAはバイクレッスンを開催しているので、そのようなレッスンに参加して練習するのも良いでしょう。バイクノリドットコムでも練習会は行っていく予定ですので乞うご期待!

操作方法がわからない

基本的にはバイクの操作は同じですが、違うバイクに乗ると途端に操作方法がわからなくなってしまうことも。自分のバイクと教習所のバイクでは感覚が違うので、操作方法がわからなくなってしまうかもしれません。この対策としては自分のバイクに慣れるしかありませんので、たくさん乗ることで不安要素を取り除いていきましょう。

坂道発進をマスターする6つのコツ

実践できるように読みながらイメージトレーニングをしてみてください。

①リアブレーキを使って停止する

これは坂道発進する前の段階ですが、スムーズな停まり方が次の発進に生きてきます。

まず、登り坂なので普段の停止よりもエンストしやすくなるので早めにクラッチを切りましょう。逆に坂なのでリアブレーキだけでもしっかりと停まることができます。低速時での前輪ブレーキは、効きすぎるとバランスを崩してしまい立ちゴケのリスクが高まります。また、坂道発進ではアクセルの使い方がカギとなるので、右手はアクセルに集中できる状態にするために、リアブレーキを使って停止します。

道路状況にもよりますが、停止するときはキープレフトで道路左側に停止します。二輪教習の際はメリハリつけてキープレフトを心がけましょう。

停止前に1速にシフトダウンしておく

坂道で発進するときは1速で発進します。2速、3速に入っていると発進が難しいです。いざ発進するときに2速に入ったままだと焦ってしまいますので、停止する前に1速に入れる癖をつけましょう。

もし停止してから、ギアが1速に入っていないことに気がついても、慌てずにシフトダウンしましょう。このとき、リアブレーキを離すと当然バイクが下がってしまうので、フロントブレーキをしっかり握ってください。「まさかそんなこと」と思うかもしれませんが、公道を走ると頭がいっぱいになりついつい忘れがちになってしまいます。

また、停止してから発進まではバイクが後ろに下がらないようにリヤブレーキをしっかり踏んでおきましょう。リアブレーキを踏んでいるときは片足立になるのでバランスを崩さないように注意してくださいね。

安全確認・目視を忘れずに

坂道発進(再スタート)前に左右ミラーと後方の安全確認・目視を必ず行ってください。二輪教習の場合、安全確認・目視を忘れると減点されてしまいますのでご注意を。

②アクセルは優しく

アクセルは優しく操作しましょう。優しくというのはアクセルを開けたり閉じたりしてぐわんぐわんせずに、雑に扱わないというイメージで、一定の回転数を維持できるように操作します。優しく扱うことと、アクセルを開けないことは違いますので、優しく扱いつつもアクセルはしっかりと開けることが重要です。

止まっているバイクと乗っているあなたの体重を動かすためにはある程度のパワーが必要です。坂道となるとさらにパワーが必要になります。回転数が低すぎるとエンストの原因になってしまうので、自分のバイクがエンストするギリギリの回転数はどのくらいか知っておくだけでも安心です。タコメーターを見ながらエンストするギリギリの感覚を覚えておきましょう。

クラッチも優しく

クラッチを繋げることを「クラッチミート」と言いますが、クラッチミートのときは「ジワーッ」と繋げることを意識してみてください。

クラッチレバーを完全に切った状態(握った状態)から、徐々に握る力を緩めていくとあるところでエンジン音が低く小さくなります。このエンジン音の聞き分けがポイントで、音が小さくなるタイミングでクラッチが繋がりだします。このとき、音だけではなくリヤサスペンションが少し沈み込むのがわかると思いますので、お尻の感覚にも意識してみてください。

初心者ライダーは、半クラッチとリアブレーキを意識しすぎてアクセルと戻してしまいがちですが、アクセルは一定を保ちましょう。

ここでリアブレーキを緩めると走り出しますが、走り始めてもクラッチは一気に離さないでください!二輪教習の場合は、進み始めても半クラッチの状態で坂を登り切ります。公道では長い坂の場合もありますのである程度走り出したらクラッチを離して通常通り走りましょう。

平らな道よりもパワーが必要ですので、もしリアブレーキを緩めても進まない場合はアクセルをゆっくりと開けていくと進んでいきます。

検定でも公道でも、坂道で走り出さないと「バイクが故障したのかな?」と思ってしまい、これも焦ってしまう原因ですので、アクセルはしっかりと開けて回転数高めを意識することがポイントです。

クラッチの調整も重要!

バイクは自分の体格に合わせて各パーツを調整できることを知っていましたか?「フィッティング」と言われることもあるように、あなたの体にフィットさせることで操作性が格段によくなります。

クラッチレバーも調整できるパーツの一つで、クラッチが遠いと感じたら自分の手の大きさに合わせて近くに調整してみてください。手がつけれてしまうとクラッチの操作が荒くなりがちです。

レバーの位置を調整出来るダイヤルが付いているバイクは自分の手の大きさや握力に合わせて調整してくださいね。

④リヤ・ブレーキを上手く使う

発進時、低速走行ではリアブレーキの使い方がとても重要になります!リアブレーキを上手く使えるようになると安定感が増し、ご自身でもそれを実感できるはずです。

使い方として、速度の調整はリヤブレーキだけで行います。アクセルの開け閉めではなくリアブレーキで調整です。

右足は常にブレーキペダルを軽く踏んでいる状態を保ちましょう。実はこの動作がとても重要で半クラッチが上手くなるポイントで、低速走行のときはリヤブレーキを常に軽く引き摺って走るとバイクは安定します。

二輪教習の坂道発進ではリアブレーキのみを使います。登り切って、坂をくだるときも使うのはリアブレーキだけです。下り坂でフロントブレーキを使うとフロントが沈んでしまい体が投げ出されるような感覚になってしまいます。上半身の力を抜くためにもリアブレーキの使い方が重要なのです。

⑤自然な乗車姿勢をとる

意外と重要なのが乗車姿勢です。

教習所でも口酸っぱく言われてきたと思いますが、バイクを安定させるためにはニーグリップが重要です。ただ、このニーグリップをするためには自然な乗車姿勢を取らなければ、グリップすることができません。

ハンドルの位置が遠過ぎたり、ステップが窮屈になっていると、不要に力が入ってしまい適切な操作ができなくなってしまいます。ハンドルやステップの位置が合わないと思ったら、自分に合うように調整できるので、バイクを購入したお店でフィッティングをしてもらうことをおすすめします。

⑥目線の使い方が上達のカギ!

バイクに乗り始めのときは余裕が持てずになかなか意識できないかもしれませんが、実は目線の使い方を覚えるとバイクは格段に上達します!僕自身も目線の使い方がわかるようになってから、バイクに乗りこなせるようになりました。

具体的には、「行きたい方向を見る」ことがとても重要です。恐怖感からか、目線が下に行きがちですが、目線が下がるほど安定しません。教習所の一本橋で、「常に一本橋の先の方を見ましょう」と言われた方も多いのではないでしょうか?安定して走るためには目線が重要なんですね。

目線の使い方は普通の交差点でも実践できるので、ぜひ試してみてください。

卒検合格!初公道でも坂道発進が上手にできるコツ・注意点

坂道発進のコツはアクセル、半クラ、リヤブレーキの調和です。エンジン音を聴き、優しいクラッチ、バイクの挙動で半クラ状態になったことをタコメーターでなく人間の五感の作用で感じ取ることです。

教習所コース内と違い、公道にはたくさんの車、バイク、自転車、歩行者がいます。まずは今まで身に付けてきた安全確認・目視を徹底して行ってください。

エンストしても慌てない。もし後続車がいても焦らずにひとつひとつの操作を確実に行ってください。

走行中の安全確認・目視は左右のミラーで確認出来る位置はミラーで確認、ミラーの死角を見るためには自分のアゴ、フルフェイス型ヘルメットはアゴを覆っている部分が肩に触れる程度をパッパッとチラ見するだけで十分です。

検定時の安全確認・目視は「やってますアピール」もありますが、公道での安全確認・目視は迅速的確でなくてはダメなのです。

バイクの坂道発進はコツをつかめばエンストも怖くない!

コツをつかむのは正しい知識と練習、頭で理解して身体にしみ込ませるのは練習です。

免許証を手に入れ、大切なバイクを手に入れたら自分で出来る簡単な洗車、ホコリを拭くだけでも愛着が湧いてきます。楽しみながらいっぱい走ってバイクを可愛がってあげることが上達の近道です。

分からないこと疑問点はどんどん僕に質問してください。迅速丁寧にお答えします。

おすすめの記事