失敗しない坂道発進のコツ。坂道発進は半クラッチのいわば応用編です。今まで運転したことのない大きなバイクで坂道の途中で一旦停止して再スタートすることは大変ですよね?ひとつひとつの操作を落ち着いて行うことがポイントです。慌てずにまずは深呼吸しましょう。

教習所であまり練習出来ないまま苦手意識を持って「坂道の途中で停まりたくないな」と不安を抱きながら公道を走っている方もおられるかと思います。もう大丈夫です!坂道発進のコツを伝授致します‼︎

モトミックススクールでは、レッスンや体験会の中で半クラッチの練習などバイクの基礎練習ができるプログラムを用意しているので、楽しくバイクに乗れるように一緒に練習しましょう!

バイクの坂道発進が苦手な原因はこれ!

①エンストしてしまう

アクセルの開度不足

平地よりも発進時にパワーが必要なのでアクセルを開けます。タコメーター(回転計)で回転数の確認とエンジン音をよく聴きましょう!

クラッチ操作が荒い

一気に繋げないことが大切です。左手に神経を集中させて優しい半クラ操作をすることが大切です!

リヤサスペンション(リヤサス)の沈み込みを感じ取る

エンジン音が低く小さくなり、車体後部が下がったら半クラ状態になったということなので、リヤブレーキを解除しましょう!

②ギクシャクする

アクセル操作が荒い

優しいアクセル操作をしてください。

クラッチ操作が荒い

一気に切らない、繋げないことが大切です。優しい半クラ操作を心掛けてください。

身体に力が入り過ぎ

深呼吸をして目線を前・先に向けて正しい乗車姿勢で身体の力を抜き、リラックスして操作してみてください。落ち着いてひとつひとつ確認しながら操作してみてください。

③発進時にふらつく

アクセルの開度不足

状況に合ったアクセル操作、坂道発進では平地よりアクセルを開けて、優しい半クラ操作をしましょう!

リヤブレーキを使っていない

リヤブレーキを上手く使うと安定します。アクセル操作に集中するため、バランスを崩さないためにフロントブレーキは使いません。

④坂道発進に苦手意識を持っている

立ちゴケしてしまった

誰もが通る道です。慌てることはないのでたくさん練習して自信をつけましょう。

重い・怖いが先行してしまう

正しい知識 練習をして自信をつけましょう。押し歩きする訳ではないので大丈夫です。

練習不足で自信がない

わからないこと、不安なことは何でもお聴きください。迅速丁寧にお答え致します。ロードエイドネットワークスでは定期的に広いコースで練習をしています。楽しくご自分のペースで、一緒に練習しましょう!

※ 緊急事態宣言が解除されるまでは活動自粛中

操作方法がわからない

はじめは誰も一緒です。1人で悩まずに!「こんなこと聞くのは恥ずかしい」とか「今さら聞けない」なんてことは一切ありません。僕に任せて下さい!

バイク教習の坂道発進で合格できる6つのコツ

①停止線手前で停まる

登り坂なのでアクセルを戻してエンストしないよう早めにクラッチを切ります。上り坂なのでリア(後輪)ブレーキだけでも十分停まれます。フロント(前輪)ブレーキを使わない理由はバランスを崩さないためと、何よりも坂道発進する際にアクセル操作に集中するため、リヤブレーキで停止する最大のメリットなのです。

キープレフト道路左側に停止します。

停止位置手前でギアをロー(1速)にシフトダウンしておくと発進の際、慌てずに済みます。

前輪の先端が停止線にかからないように停まると良いです。エンストしないように左手でクラッチレバーをしっかり握り停止します。

バイクが後退しないようリヤブレーキをしっかり踏んでおきましょう。

ギアがロー以外(2〜3速)に入っている場合

現在のギアが何速か分からないときは、まず落ち着いて右手でフロントブレーキレバーをしっかり握り、ブレーキペダルを踏んでいる右足を着地させますが、ブレーキレバーを握るときに慌ててアクセルを開けないよう注意しましょう。

左足でチェンジペダルを踏んでローギアに入れます。しっかり踏み込まないとニュートラルに入ってしまう場合があるのでメーター付近の緑色の警告ランプ「N」が点灯していないか確認しましょう。

ギアがローに入っているのを確認したら左右の足を踏み替えます。左足は着地させ、右足でブレーキペダルを踏み込みます。

安全確認・目視を忘れずに

坂道発進(再スタート)前に左右ミラーと後方の安全確認・目視を必ず行ってください。忘れると減点です。

フロントブレーキを離します。特に重いビッグバイクで急な坂道で発進するときはフロントブレーキも使いますが、教習所の坂道くらいでは必要ないと思います。繊細なアクセル操作に集中しましょう。

②アクセルは優しく

アクセルを煽らない(開けたり閉じたり雑な操作をしない)ことが大切です。なるべく一定のエンジン回転数を保てるようにしましょう。

排気量によるため一概に言えませんが、坂道発進時のエンジン回転数は4000〜5000回転であれば問題ありませんのでタコメーター(回転計)を確認することと、エンジン音をよく聴いて確認してください。

エンジン回転数が低すぎてもエンストの原因になってしまいます。十分注意してください。

③クラッチも優しく

クラッチレバーを完全に握った状態(クラッチが切れている状態)から徐々に握る力を緩めていくとエンジン音が低く小さくなります。バイクのリアサスが沈み込むのでクラッチが繋がり半クラ状態になったことが感じられると思います。

リヤブレーキを緩めると走り出します。この状態を保てるようにクラッチレバーを握っている左手を意識してください。

ここで一気にレバーを離さないことが大切!エンストしてしまいます。そのまま半クラの状態をキープして坂を登り切りましょう。半クラ状態でリヤブレーキを踏み込む力を弱めてもバイクが前に進まないときは、あともう少しアクセルを開けてあげれば前に進みます。

クラッチを繋げることを「クラッチミート」と言いますが、上達するにつれアクセル開度が少なくても坂道発進が出来るようになりますが後退距離が長くなったり、エンストして立ちゴケで検定中止になるリスクを回避する保険としてエンジン回転数は「高め」にして発進しましょう。

半クラの状態をキープしたまま坂道を上り切りましょう。クラッチの操作は、イメージ的には「パッ」と離したり握ったりせず「ジワーッ」と操作してみてください。

レバーの位置を調整出来るダイヤルが付いているバイクは自分の手の大きさや握力に合わせて調整してくださいね。

④リア・ブレーキをしっかり使う

坂道発進での制動は基本的にリヤブレーキだけで行います。右足は常にブレーキペダルを踏んでいる状態を保ちます。これが非常に重要なのです。

坂道発進時はアクセルを開けながら(4000〜5000回転)半クラ状態のまま坂を登りますが、頂上を過ぎたらアクセルを戻してエンジンブレーキとリヤブレーキを使って、ゆっくりと坂を降りてください。

下り坂でのスピードの出し過ぎは減点の対象となりますので注意してください。ギヤはロー(1速)のままです。

坂道を降りたところに「指定場所一時停止」の道路標識と停止線がある場合は停止線手前から減速して前輪で停止線を踏まないように、前輪の先端部が停止線にかからないように停止します。右足は最後までブレーキペダルに乗せ、着地は左足です。

交差点手前で方向指示器(ウインカー)を出すのであれば交差点手前30メートル早めに合図を出しましょう。

再スタート時は左・右・後方の安全確認と目視を忘れずに行ってください。

⑤乗車姿勢

正しい乗車姿勢7つのポイント(頭・肩・肘・手・腰・膝・足首)をとることで、頭を真っ直ぐにした状態で目線を先にすること、上体の力を抜くことが出来ますのでハンドル操作がとてもやり易くなります。

膝が開いているとタンクをニーグリップすることが出来ず、バイクが安定しません。

つま先が外側に向いているとリヤブレーキをすぐに使ず、またバイクが下り坂で安定しませんので正しい乗車姿勢を心がけましょう。

⑥目線

行きたい方向を「見る」ことがバイクを安定させるために非常に重要です。視線だけでなく行きたい方向に顔を向けることが低速走行を安定させるコツです。

上体の力を抜き、行きたい方向に顔を向けると自然とハンドルが切れて行きたい方向にバイクは曲がってくれます。力が入っていると自然な動きが出来ません。

二輪教習の坂道発進の減点ポイントを再チェック

ミラー、左・右・後方確認・目視は視線だけでなく大げさなくらい大きく行うこと。忘れるたびに減点されてしまいます。

乗車する時から検定終了して降車するまでは停止、再発進、右左折、進路変更のたびにミラーと左右、後方の安全確認・目視を徹底しましょう。

坂道発進で停止中または発進時の後退、エンスト、もたつきは減点、後退距離が長い、転倒などは検定中止となります。

※方向指示器の出し方、右左折・進路変更の方法については後日減点ポイントを詳しくご説明させていただきます。

卒検合格!初公道でも坂道発進が上手にできるコツ・注意点

坂道発進のコツはアクセル、半クラ、リヤブレーキの調和です。エンジン音を聴き、優しいクラッチ、バイクの挙動で半クラ状態になったことをタコメーターでなく人間の五感の作用で感じ取ることです。

教習所コース内と違い、公道にはたくさんの車、バイク、自転車、歩行者がいます。まずは今まで身に付けてきた安全確認・目視を徹底して行ってください。

エンストしても慌てない。もし後続車がいても焦らずにひとつひとつの操作を確実に行ってください。

走行中の安全確認・目視は左右のミラーで確認出来る位置はミラーで確認、ミラーの死角を見るためには自分のアゴ、フルフェイス型ヘルメットはアゴを覆っている部分が肩に触れる程度をパッパッとチラ見するだけで十分です。

検定時の安全確認・目視は「やってますアピール」もありますが、公道での安全確認・目視は迅速的確でなくてはダメなのです。

バイクの坂道発進はコツをつかめばエンストも怖くない!

コツをつかむのは正しい知識と練習、頭で理解して身体にしみ込ませるのは練習です。

免許証を手に入れ、大切なバイクを手に入れたら自分で出来る簡単な洗車、ホコリを拭くだけでも愛着が湧いてきます。楽しみながらいっぱい走ってバイクを可愛がってあげることが上達の近道です。

分からないこと疑問点はどんどん僕に質問してください。迅速丁寧にお答えします。

モトミックススクールでは、レッスンや体験会の中で半クラッチの練習などバイクの基礎練習ができるプログラムを用意しているので、楽しくバイクに乗れるように一緒に練習しましょう!
おすすめの記事