湖や海、滝や川、そしてダムもあり、日本の”水の都”とも名高い茨城県。

都道府県別の「県の魅力ランキング」では最下位という不本意な結果となってしまっていますが、ツーリングにあたっては魅力的なスポットに溢れています。

そこで今回は茨城県をツーリングする際のおすすめスポット、絶景スポット、グルメスポットなどなど、茨城県の魅力を全面に押し出してお伝えしますので、ぜひご覧になって下さい。

\ ツーリング検定始動 /

自然と走りたくなり、ライダーでいることの喜びを感じられる、バイク好きのための検定がついにスタート!

ツーリング検定3級を受ける>>

この記事でわかること

1. 茨城県のツーリングで定番の名所5選

霞ヶ浦

この投稿をInstagramで見る

 

225 BASE(@225_base)がシェアした投稿

おすすめポイント

琵琶湖に続く日本第2位の面積を誇る湖です。高さ60メートルで湖を眺望できる展望台「虹の塔」や、「水の科学館」など、湖自体も然ることながら周辺の施設も充実しています。道の駅でお食事なども楽しめる、定番中の定番スポットですね。

霞ヶ浦の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県潮来市潮来3510 市潮来3510(霞ヶ浦河川事務所)
電話:029-226-3800

偕楽園

おすすめポイント

"日本三名園"として有名な偕楽園。茨城を代表する絶景スポットで、ツーリングの際には是非訪れてほしい場所です。面積が300ヘクタールほどあり、実際に行くとその広大さに驚く事でしょう。

季節によって桜やツツジ、萩や梅など様々な花を楽しむ事が出来ますので、季節ごとに訪れるのもおすすめです。

偕楽園の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県水戸市見川1-1251
電話:029-244-5454

小山ダム

おすすめポイント

昨今は密かな”ダムブーム”がありましたが、日本各地のダムの中でも小山ダムは外せない名所です。茨城県最大を誇るダイナミックな景観と、周りの広大な自然に見入ってしまう事は確実です。

ダム管理事務所の隣にレストランがあり、そこで名物のダムカレーを食べる事も出来ますので、グルメスポットとしてもおすすめです。

小山ダムの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県高萩市横川1533-1
電話:0293-20-3501

筑波山

この投稿をInstagramで見る

 

とも(@tomo.naka1973)がシェアした投稿

おすすめポイント

標高840メートルの女体山へのロープウェイがあり、山頂から見られる景色はまさに絶景と言って過言はありません。

筑波山まで向かうルートに二輪通行止めの区間が多い為、向かう際に道をきちんと選ぶ必要はありますが、山頂から東京のスカイツリーや富士山まで見渡せるため、眺望を見るためだけでも行く価値はあるかと思います。

筑波山の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県つくば市筑波
電話:029-869-8333

大洗マリンタワー

この投稿をInstagramで見る

 

Takahiro Noguchi(@tanoguchi_w)がシェアした投稿

おすすめポイント

茨城の海のランドマークこと、大洗マリンタワーです。55メートルの高さを誇り、こちらも天候次第で展望台から富士山まで眺望出来ます。

景観はもちろんの事、茨城県の海産物や特産品を味わう事が出来るのもおすすめポイントです。さざえのつぼ焼きや焼きはまぐりなど、海岸沿いならではの料理に舌鼓を打つのも一興でしょう。

大洗マリンタワーの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央10番地
電話:029-266-3366

2. 茨城ツーリングで絶対立ち寄りたいおすすめ絶景スポット5選

袋田の滝

おすすめポイント

茨城を代表する絶景の名所で、滝が岩壁に沿って4段になって流れる姿は他では見られません。頂上から下までは120メートルもの落差があり、幅も73メートルと非常に大きな滝で、冬には滝自体が凍結する氷瀑のスポットとしても有名です。特に紅葉の時期、冬の氷瀑の時期が見頃ですね。

袋田の滝の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県久慈郡大子町袋田3−19
電話:0295-72-4036

千波湖

おすすめポイント

水戸市が誇る湖で、春は桜、秋は紅葉、夏は花火大会の会場にもなります。湖の周りには遊歩道もあり、湖を泳ぐ白鳥を眺めながらの散歩も可能です。カフェもありますので、ツーリング中の休憩スポットとしてもおすすめですね。

千波湖の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県水戸市千波町
電話:029-244-2888

大洗海岸・神磯の鳥居

おすすめポイント

海岸の岩礁にある”神磯の鳥居”は特に見もので、波打ち際にある鳥居に波の飛沫が当たる様は神々しさを覚えます。日の出、夕焼け時に太陽が鳥居の中に収まる瞬間もまさに絶景と言えるでしょう。海岸のすぐ側にある大洗磯前神社もおすすめスポットですので、併せて訪れると良いかと思います。

神磯の鳥居の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249−1
電話:029-267-2637

竜神大吊橋

おすすめポイント

竜神狭という渓谷に架かる吊り橋で、吊り橋としては日本一の長さを誇ります。高さ100メートルの吊り橋ですので、渡る際は景観も然ることながらドキドキ感も味わえる事間違いなしです。

バンジージャンプの名所でもありますので、ツーリング中のレクリエーションとして、勇気のある方はチャレンジしてみてほしいですね。

竜神大吊橋の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県常陸太田市天下野町2133−6
電話:0294-87-0375

鹿島石油の工場夜景(鹿島臨海工業地帯)

おすすめポイント

約273万平方メートルという広大な敷地面積を誇る工場で、夜も工場が稼働しているためライトアップされ、その姿を工場の東門から望めます。工場のプラントのそれぞれが輝く景色は別世界のような非日常感があり、まるでゲームやアニメの世界に入ったような感覚すら感じる事が出来ます。夜中も稼働している工場のため、搬入搬出のトラックの妨害をしないように注意が必要です。

鹿島石油の工場夜景(鹿島臨海工業地帯)の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県神栖市北浜
電話:0299-90-1217

3. 茨城県へツーリングに来たら食べてほしいグルメスポット5選

大洗海鮮市場(牡蠣・生しらす)

おすすめポイント

朝の6時半から営業している大洗海岸沿いにある市場で、その日に獲ったばかりの新鮮な海鮮が食べられます。中でも生牡蠣や生しらすは普段なかなか食べられないものですし、アンコウ汁などのお寿司屋さんでも滅多に食べられないものが豊富に揃っており、海鮮好きなら外せないスポットですね。季節によって旬な魚介が味わえますので、季節ごとに訪れるのもおすすめです。

大洗海鮮市場の詳細はこちらから

住所・連絡先

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-56
電話:029-267-0121

道の駅日立おさかなセンター(海鮮浜焼き)

この投稿をInstagramで見る

 

Akemi.S(@jitan1010)がシェアした投稿

おすすめポイント

こちらも茨城の海岸沿いにある海鮮スポットで、海沿いならではの新鮮な魚介類が食べられます。おさかなセンターは、施設内で購入した魚介類をその場で焼いて食べられる”海鮮浜焼き”という贅沢なサービスを行っており、お魚はもちろんホタテや海老、はまぐりなどもその場で焼いて食べられます。海鮮丼なども豊富にありますので、大洗海鮮市場と併せて海鮮を満喫するというのも良いかと思います。

道の駅 日立おさかなセンターの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県日立市みなと町5779-24
電話:0294-54-0833

かねふく めんたいパーク大洗(明太子)

おすすめポイント

博多の名物明太子、そして明太子で有名な”かねふく”が大洗に作った観光スポットです。明太子が出来るまでの工場見学や、明太子にまつわるメニューが豊富に味わえます。中でも明太子が約5切れも入っている”ジャンボおにぎり”や、明太子のプチプチと風味をスイーツ化した”めんたいソフトクリーム”はおすすめです。

かねふく めんたいパーク大洗の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
電話:029-219-4101

スタミナラーメン松五郎(スタミナラーメン)

おすすめポイント

茨城の隠れた名物”スタミナラーメン”を食べられるお店です。レバーや野菜を熱々のあんかけでとじた通称”スタミナ”が冷たい麺に乗ったスタミナラーメンは、温度差グルメの代表格とも言える美味しさで、栄養豊富で夏バテ対策などにもなる逸品です。長距離ツーリングで疲れた体に染み渡るガッツリ系メニューといったところでしょうか。

スタミナラーメン松五郎の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県水戸市上水戸3-3-25
電話:029-221-9598

喰処・飲処 てんまさ(納豆から揚げ)

この投稿をInstagramで見る

 

❁︎ゆき子❁︎(@snw4324)がシェアした投稿

おすすめポイント

お店の名前から「天ぷら屋さんかな?」と思いがちですが、名物は納豆から揚げ、そして新鮮な魚介のお刺身です。茨城といえば水戸納豆が有名ですし、てんまさでは納豆から揚げの他に、隠れた名物”ねばり丼”も食べる事が出来ます。ランチにも夕食にもおすすめ出来る名店ですね。

喰処・飲処 てんまさの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県水戸市宮町2-2-31 三友ビル B1F
電話:050-5869-7537

4. 茨城ツーリングで疲れた体を癒す温泉スポット5選

中郷温泉通りゃんせ

おすすめポイント

日帰り入浴600円~というリーズナブルな温泉で、石造りの露天風呂なども楽しめます。食事処兼大広間として70畳ものスペースがあり、それとは別に休憩ホールなどもありますので、ツーリング中の休憩スポットとしても活用できます。サクッと温泉を楽しみたいライダーにはもってこいのスポットです。

中郷温泉 通りゃんせの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県北茨城市中郷町日棚1748
電話:0293-44-0026

とっぷ・さんて大洋

おすすめポイント

鹿島灘からほど近い海岸沿いにある温泉で、海が見える露天風呂が名物です。健康ランドのような施設になっており、温水プールやトレーニングルームなども備えています。建物の外観や、付近の景観からリゾート地に来たような感覚を味わえる事もポイントです。

とっぷ・さんて大洋の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県鉾田市上幡木1500-2
電話:0291-39-6500

筑波山温泉つくば湯

おすすめポイント

筑波山にある温泉で、露天風呂は大自然との一体感が素晴らしいです。新緑の季節や紅葉の季節、それぞれ違う景観を楽しむ事が出来るので、季節ごとに訪れたいスポットですね。45分2,000円で貸し切りの家族風呂もありますので、団体でのツーリングにもおすすめです。

筑波山温泉つくば湯の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県つくば市筑波64-9
電話:029-866-2983

阿宇ヶ浦温泉のぞみ

おすすめポイント

一見温泉施設に見えないレンガ造りのお城のような建物ですが、岩風呂、備長炭風呂、ヒノキ風呂など、バリエーションに富んだ温泉を楽しめるスポットです。ボディケアからフットケア、ストレッチセラピーなど多数のリラクゼーションメニューもあるため、女性ライダーに特におすすめですね。

阿字ヶ浦 温泉のぞみの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町3290
電話:029-265-5541

ごぜんやま温泉保養センター 四季彩館

おすすめポイント

那珂川と御前山の景観を両方楽しめる場所に位置する温泉で、露天風呂はのどかな山里風景を見ながらゆったりと過ごせます。館内で販売されている柚子を用いた飲み物は、どれも爽やかな味わいで、お土産にもおすすめです。

ごぜんやま温泉保養センター 四季彩館の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:茨城県常陸大宮市長倉407-2
電話:0295-55-2626

5. 茨城ツーリングプランの立て方と注意点

5-1. ツーリング日数

茨城県のツーリングに関しては、日帰りで行かれるという方が多いようです。

もちろん県からの距離によっては宿泊も必要ですが、基本的にはグルメスポットや絶景スポットを巡って、日帰り温泉を楽しむというのが一般的なツーリングプランと言えるでしょう。

5-2. ツーリングに必要な費用

宿泊を加味しない日帰りツーリングの場合は1人あたり1万円〜1万5千円ほどで収まるようです。

名物を何件も食べ歩いて温泉も入るというプランでも、1人あたり2万円もあれば足りるかと思われます。

5-3. 宿泊施設が豊富なエリア

茨城県の旅館やホテルは、観光名所によって点在はしていますが、水戸・かすみがうら・大洗の辺りに宿泊施設が豊富で、宿泊込みのツーリングをする時はその近辺で宿を探すと比較的楽に見つかるでしょう。

5-4. 茨城ツーリングの注意点

基本的に路面環境も良く、注意点という程のものはありませんが、筑波山に行く際は終日二輪車通行止めの区間や、時間帯によって二輪車通行止めになる区間がありますので、地図上では道があってもバイクだと通れないというケースがあるため、その点は注意ですね。

6. 茨城県の冬のツーリングに必須装備品

茨城県の冬はかなり冷え込みます。

ツーリングスポットに海岸沿いや山岳部が多く、「防寒対策をきちんとしても寒い」という方も多いようですので、グローブや風を通さないジャケットなど、完全防備でツーリングに向かう事をおすすめします。

7. 茨城ツーリングにおすすめのコースプラン

山も海もグルメも満喫コース

古河市

筑波山

大洗

那珂湊

古河市をスタート地点とし、筑波山で山の景観を満喫し、大洗ではめんたいパーク。

そしてその流れで海に向かい、海の景色を楽しみつつ那珂湊おさかな市場で海鮮も満喫出来るコースです。

茨城の海岸制覇コース

大洗海岸

那珂湊

ひたちなか市

日立市

ひたすら海岸沿いを走り続けるだけでも気持ち良いのが茨城ツーリングの良さでもあります。

各海岸沿いに海水浴場はもちろん、市場や水族館、神社の鳥居などもありますので、見所は盛りだくさんです。

山と滝と温泉巡りコース

守谷市

竜神大吊橋

月居山・袋田の滝

奥久慈温泉

海岸ではなく山の魅力を味わえるコースです。

絶景の名所である竜神大吊橋を通過し、月居山で袋田の滝を眺め、ツーリングの疲れを癒しに奥久慈温泉に向かうという絶景スポット満喫のコースとなっています。

8. 茨城県のツーリングで知っておきたい㊙︎ライダー情報

茨城県に初めてツーリングに行くという方には、絶景スポットや観光名所も良いですが、広域農道の”ビーフライン”を縦断するのもおすすめです。

笠間市から常陸大宮市まで続く道路で、道中は高低差のアップダウンが激しいため走り甲斐もあり、自然を満喫しつつ食事処なども適度にあるため、茨城県のライダーの定番スポットのようになっています。

茨城県でのツーリングコースに迷ったら、とりあえずビーフラインを縦断というのも良いかと思います。

9. ツーリングお役立ち情報まとめ【茨城県編】

これだけ魅力に溢れている茨城県ですから”県の魅力ワースト1位”とは言えませんよね。

特にツーリングに関しては名所揃いで、茨城県にツーリングに行った方の満足度も高いです。

これからツーリングを計画されるは茨城県も候補に入れてみて下さいね。

おすすめの記事