ツーリング【新潟県編】定番の名所・絶景・グルメ・おすすめコースを一挙紹介!

観光スポットだけでなく旨いものがたくさんある新潟県は、走りを楽しむだけでなくグルメや観光スポットを回るのも楽しみ方の一つです。

そこで今回は定番の名所はもちろんですが、絶景・グルメスポットも併せて紹介!おすすめのコースもありますので、ツーリング計画の参考にしてみてくださいね!

\ ツーリング検定始動 /

自然と走りたくなり、ライダーでいることの喜びを感じられる、バイク好きのための検定がついにスタート!

ツーリング検定3級を受ける>>

1. 新潟県のツーリングで定番の名所5選

国道345号線

おすすめポイント

新潟市から山形県遊佐町を結ぶルートです。日本海の景色を楽しみながら走ることが出来るため、新潟県内ではかなり定番のスポットです。全体的には初心者でも安心して楽しめるコースなのですが、要所に急カーブや細い車線などもあるのでスピードを重視するならかなりテクニックが必要です。

住所・連絡先

住所:新潟県新潟市

魚沼スカイライン(県道560号線)

この投稿をInstagramで見る

 

anboidosa(@anboidosa)がシェアした投稿

おすすめポイント

景色を楽しみながらのんびりとツーリングを楽しみたい時に定番のスポットです。ルート内には展望台や休憩スポットも随所にあるので、初めてのツーリングであれば必ずこのコースを選びます。

魚沼スカイラインの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県魚沼市~十日町市

越後やまなみライン(県道290号線)

おすすめポイント

山間を走り抜ける定番スポットです。迫りくるような緑の中を走り抜けていくので、爽快感があります。カーブなどもあるので走りを楽しみたいライダーにも人気があります。

住所・連絡先

住所:新潟県魚沼市~村上市

越後七浦シーサイドライン(国道402号線)

この投稿をInstagramで見る

 

工藤 優輔(@kudo91_zx6r)がシェアした投稿

おすすめポイント

日本海を真横に眺めながら豪快な走りが楽しめます。特に日本海に沈む夕日が見られることで有名なコースです。終点には新潟の新鮮な魚介類が集まる「魚の市場通り」もあります。新鮮なイカやサザエ、ホタテなどの浜焼きがその場で食べられます。

越後七浦シーサイドラインの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県新潟市西蒲区角田浜から間瀬

国道8号線

おすすめポイント

新潟の海と山を一度に楽しむことが出来るルートです。コース周辺には「恋人岬」「なおえつ海水浴場」「うみてらす名立」「うまいもの横丁」などたくさんの観光スポットがあるのも人気です。

住所・連絡先

住所:新潟県柏崎市

2. 新潟ツーリングで絶対立ち寄りたいおすすめ絶景スポット5選

枝折峠

この投稿をInstagramで見る

 

溝口純(@mizosen220)がシェアした投稿

おすすめポイント

日本国内でも非常に珍しい「滝雲」が見られます。まるで雲が滝のように眼下に吸い込まれていく様子はまさに絶景です。

枝折峠の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県魚沼市灰の又~銀山平
電話:025-792-7300

龍ヶ窪の池

おすすめポイント

決して濁ることがないエメラルドグリーンの美しい池です。毎日約4万トン以上の水が湧き出るこの場所は、絶景スポットだけでなくパワースポットとしても有名です。

龍ヶ窪の池の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県中魚沼郡津南町谷内6217
電話:025-765-5585

笹川流れ

この投稿をInstagramで見る

 

WRX☆tom(@yamaha_r1zkai)がシェアした投稿

おすすめポイント

日本百景にも登録されている絶景スポットです。約11㎞に及ぶ長い海岸線は、夏になると多くの海水浴客でにぎわいます。ここに来たら、笹川流れのシンボルである「眼鏡岩」を見るのがおすすめです。

笹川流れの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県村上市寒川~浜新保
電話:0254-77-3115

清津峡

おすすめポイント

圧倒的なスケールの絶景スポットといえば、十日町市にある大渓谷「清津峡」がおすすめです。ダイナミックな渓谷は日本3大渓谷の1つといわれています。

清津峡の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県十日町市小出
電話:025-763-4800

大野亀

この投稿をInstagramで見る

 

誉(@hmr_0121)がシェアした投稿

おすすめポイント

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星を獲得した絶景スポットです。ただの山のようにも見えるのですが、実は巨大な1枚岩。圧巻のスケールと美しい緑の風景が魅力です。

大野亀の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県佐渡市願
電話:0259-27-5000

3. 新潟県へツーリングに来たら食べてほしいグルメスポット3選

月徳飯店

おすすめポイント

ブラック焼きそばが人気です。イカスミを使った真っ黒なブラック焼きそばは、新潟の名物料理でもあります。

月徳飯店の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県糸魚川市大町2-5-18
電話:0255-52-0496

さわ山

この投稿をInstagramで見る

 

@chibiikuruがシェアした投稿

おすすめポイント

新潟の美味い米を使ったモチモチとした餅にきんぴらごぼうが入った「きんぴらだんご」は絶品です。地元客も多いお店です。

さわ山の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県新潟市中央区夕栄町4513
電話:025-223-1023

洋食 松キッチン

おすすめポイント

ご飯の上にサクサクのカツをのせ、濃厚なデミグラスソースをたっぷりとかけた「洋風かつ丼」が名物です。ご当地グルメとしても有名で、地元では知らない人がいないほどの人気店です。

洋食 松キッチンの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:〒940-2121 新潟県長岡市喜多町707 道の駅 ながおか花火館 フードコート
電話:0258-33-2611

4. 新潟ツーリングで疲れた体を癒す温泉スポット5選

多宝温泉 だいろの湯

この投稿をInstagramで見る

 

tetsuro(@zao4126)がシェアした投稿

おすすめポイント

贅沢に3本の源泉を引き込んだ温泉です。大庭園露天風呂は広さ50畳!景色を楽しみながら優雅な時間を過ごすことが出来ます。

多宝温泉 だいろの湯の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県新潟市西蒲区石瀬3250
電話:0256-82-1126

勝木ゆり花温泉「ゆり花会館」

この投稿をInstagramで見る

 

i/tsu_sv(@ve_ze.25316)がシェアした投稿

おすすめポイント

おとな350円という安さで天然温泉を楽しむことが出来るのがおすすめポイントです。休憩室もありますが、利用する際には事前に予約が必要です。

勝木ゆり花温泉 ゆり花会館の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県村上市勝木862
電話:0254-77-3991

新発田温泉 あやめの湯

この投稿をInstagramで見る

 

Yocikiyo(@yocikiyo)がシェアした投稿

おすすめポイント

茶褐色の温泉です。筋肉痛に効く温泉なので、ツーリングで疲れた体を癒すのにぴったりです。足湯だけなら無料で楽しむことが出来ます。ちなみに温泉スタンドも無料です。

新発田温泉 あやめの湯の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県新発田市大字板敷795-1
電話:0254-26-1173

ハツカ石温泉 石打ユングパルナス

おすすめポイント

石田丸山スキー場のすぐ近くにあるので、冬はスキー客でにぎわいます。露天風呂付きの和室があるので、温泉のあと少し体を休めたい時におすすめです。

ハツカ石温泉 石打ユングパルナスの詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県南魚沼市石打土堂946
電話:025-783-7888

百花の里 城山温泉

この投稿をInstagramで見る

 

みやこ(@chanmiya29)がシェアした投稿

おすすめポイント

保温効果抜群のとろみの湯が楽しめます。露天風呂のほかにもうたせ湯、サウナ、ジェットバスなどがあります。日帰り入浴OKです。

百花の里 城山温泉の詳細はこちら

住所・連絡先

住所:新潟県新発田市大字浦1040-1
電話:0254-21-2626

5. 新潟ツーリングプランの立て方と注意点

ツーリング日数

ロングツーリングでも日帰りツーリングでも楽しめるルートがたくさんあるのが新潟の魅力です。そのため強行スケジュールをくめば、日帰りで新潟を回ることだってできます。
ただし観光スポットや温泉地な度も多いので、一般的には2泊3日または1泊2日で回ります。

ツーリングに必要な費用

新潟ツーリングをするライダーの多くは、キャンプ泊で回るのが基本です。ロングツーリングの場合でも、1日の走行距離の目安も300㎞をめどにするのがおすすめです。
そうなると1日当たり1万円未満で十分に回ることが出来ます。ですからスケジュールに合わせて予算を準備するのがおすすめです。

宿泊施設が豊富なエリア

  • 新潟市
  • 長岡市
  • 湯沢市
  • 魚沼市
  • 新発田市
  • 阿賀野市
  • 佐渡市
  • 柏崎市
  • 十日町市
  • 上越市
  • 村上市

新潟ツーリングの注意点

新潟県は豪雪地帯ですので、冬のツーリングには向きません。春から秋にかけてがメインになります。
特に海水浴シーズンと紅葉シーズンには観光客が多く押し寄せて来るので、交通量が少ない道路でも突然道路に人が飛び出してくることもよくあります。
特に夏の海水浴場周辺ではこのようなケースが良く起こります。スピードと歩道からの飛び出しには十分に注意しましょう。

6. 新潟県のツーリングに必須の装備品

キャンプ場での宿泊が多い新潟でのツーリングですが、キャンプ場の整備があまり整っていないこともよくあります。
草がぼうぼうに生えていたりトイレがかなり離れた場所にしかないこともあるので、虫よけ対策とトイレ対策はきちんとしておいた方がいいです。
また国道や県道などでは休憩場所がないこともよくあります。夏場のツーリングでは十分に飲み物を確保してくのがおすすめです。

7. 新潟ツーリングにおすすめのコースプラン

ツーリングコースプラン①新潟の自然満喫のんびりコース

  1. 新潟県立鳥屋野潟公園(桜の名所)
  2. 早出川渓谷(絶景スポット)
  3. 早出川ダム(早出川渓谷から早出川ダムまでのルートはツーリングの定番ルート)
  4. 仙見川渓谷(森林浴も楽しめる癒しスポット)
  5. 手打ちそば処あき葉(十割そばの名店/新潟県新潟市秋葉区秋葉3-7415-4)
  6. 秋葉温泉 花水(日帰り温泉/新潟市秋葉区草水町1-4-5)

ツーリングコースプラン②絶品海鮮料と日本海を満喫するコース

  1. 出雲崎から海岸線に沿って弥彦方面へ
  2. カーブドッチワイナリー(ワイン工場見学)
  3. やまくろ苑(絶品海鮮料理とコシヒカリを堪能/新潟県長岡市寺泊下荒町9772-38 山六水産2F)
  4. 大崎温泉(日帰り入浴施設もあります)
  5. 日本海フィッシャーマンズケープ(国内最大級の巨大鮮魚センター)
  6. 恋人岬(夕日の名所)

日帰りツーリングコースプラン③日本海を眺め眺める爽快ツーリングコース

  1. 国道7号線を北上
  2. 国道345号線へ(ツーリングの定番ルート)
  3. 県道3号線へ
  4. 瀬波温泉(日帰り温泉可)

8. 新潟県のツーリングで知っておきたい㊙︎ライダー情報

日本海の海の恵みと美味しい米がとれる新潟県ですから、美味い酒もたくさんあります。走りを楽しむだけも良いのですが、出来れば食事も新潟ならではの美味いものを食べたいですよね?
でも有名な観光地での食事は、地元客が多く集まる店と比べると値段が高めです。ですから安くて新鮮な海鮮料理をお腹いっぱい食べたいのであれば、地元の回転ずしを回るのがおすすめです。

9. ツーリングお役立ち情報まとめ【新潟県編】

日本海を見ながら豪快な走りが楽しめる新潟県は、絶景スポットや絶品ご当地グルメもたくさんあるエリアです。
ぜひいろいろな場所に出かけて新潟の魅力を満喫してくださいね!

おすすめの記事